3代目 Coco's 肉球

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ブログ放置もすっかり板についてきた?! 毎度ご無沙汰ばかりのブログ、
最近は適当に時間もあるから(今のところ・・・)、簡単な文章ならブログ
アップできるんやろうけど、悪い癖がついてしまうとなかなかねぇ。。。(汗)

Cocoジュニアは明日で満1歳3ヶ月!!! ひゃ~、あっちゅう間に1歳3ヶ月よ。

家族3人で大してどこへもお出かけってしてないなぁ。。。近場も遠くも、
旅行とは無縁の生活が続いているCoco家です。そんなCoco家の週末のイベント
と言えば、近所のスーパーへお買い物。ほんとそれだけ。

先週末もお決まりのとおり、近所のスーパーへ。この日はカメラ持参で
ちょっとした撮影祭り。撮影大会。(とりあえず、小さなことを大喜びするしかない!)

Coco旦那、Cocoジュニアが満1歳になった機にミラーレスカメラを新規購入、
最近はこの新調カメラでいかに面白い写真が撮影できるかこそこそ研究中。
TVのカメラ撮影講座を録画してみたり、写真撮影テクニックの本を買ったり、
カメラ本体をイジっては色々楽しんでいる模様。


先週末のCoco旦那作品をCocoジュニアの成長とともにご紹介↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


いざ、スーパーマーケットへ。調子のいいときは30分ぐらいなら
やっと、やっと、やっと、乗車してくれるようになったストローラー。
P1020890.jpg
 



























Coco旦那にCocoジュニアを託し、Cocoは単独行動中inスーパーマーケット。
Cocoジュニア、すでに半泣きだったらしい・・・。
P1020927.jpg




























半泣きのCocoジュニアをストローラーから下ろし、CDコーナーを
ウロウロしていたらしい。この時まだCocoは単独行動中inスーパーマーケット。
P1020948.jpg
















単独行動が終了したCocoとスーパーマーケット入口で落合い、いざ帰路へ。
大人ならたった5分の道のりもCocoジュニア連れだと一体どれだけの時間が・・・。
P1020963.jpg




























あと10mほどで家に着くんやけどねぇ、ここからが正念場!
半泣きで下りたストローラー、でもいたずらはしてみたいわけで・・・。
P1020980.jpg

P1020984.jpg

P1020999.jpg

P1030057.jpg




























ストローラーを押しているかと思えば、突然逃げていったり・・・。
P1030061.jpg




























8月半ばに1歩、2歩あるき出して、今はバッタバッタ転けはするものの、
だいぶしっかり歩けるようになりました。
P1030101.jpg




























30分以上は家の前で遊んでたCocoジュニア。いつもの朝寝(昼寝)をせずに
お出かけだったので、帰宅してお昼ごはんを食べずにくたばりました。
P1030123.jpg




























そして、ここからが大人タイム。っても大したことやないんですけど。


朝、スーパーへ出かける前にCoco旦那からリクエストのあった料理を
作ることにしたわけで。長らく、まともな料理をやってません。
そんな反省も込めて、スクラッチから作らせていただきました。


*ラザニア*
P1030112.jpg



























ラザニアシートはDeCeccoの乾燥パスタ。フィリングは非常にシンプルに
ミンチ肉、玉ねぎ、人参、完熟トマト缶。ホワイトソースのレイヤーはなし。
欲張ってレイヤーを増やしたら、耐熱ディッシュからはみ出るほどに。


まっ、美味しければよしということで・・・(汗)
P1030119.jpg




























Cocoジュニアが熟睡中だったので、ゆっくりランチすることができました。
そして、Cocoたちがランチを終えた時点でムクっと起きたCocoジュニア、
味付けをシンプルに、薄味にしていたので、Cocoジュニアに食べさせてみると、
結構喜んで(?)食べてました。


ラザニアを親子でシェアできた平凡な週末に万歳~♪
スポンサーサイト
気づけば今日から6月! あ~もう梅雨の季節だな・・・(涙)。


みなさんに悲しいお知らせをしなくてはならなくなりました。


このブログタイトルの本家本元である実家のおばあちゃんネコ、
Cocoさんが先週土曜日に息を引き取りました。


1992年10月16日生まれのCocoさんは
2012年5月26日夕方7時頃、日没とともに
安らかに天国へと旅立ちました。


19年7ヶ月と10日の人生(ネコ生!?)は本当に大往生でした。


人間の年齢に換算すると・・・諸説色々ありますが、


102歳”になるそうです。


約4年間は後ろ足が不自由のため寝たきり生活をしており、
実家の両親(特に母)はごはんや排泄の介助、お風呂など
数え切れないほどのお世話を献身的にやってくれました。


寝たきりになりながらも約4年間食欲もあって元気に過ごせた
のも実家の両親の心底の優しさがあったからです。
彼らには感謝してもしきれないほどです。本当に色々ありがとう。


そして、何よりもCocoさんに感謝です。
私たち家族に楽しい日々を届けてくれてどうもありがとう。


天国でいっぱいごはんを食べて、飛び跳ねて遊んで、よく寝て、
Cocoが楽しいと思える日々を過ごして欲しいと思います。


Cocoさんの冥福を心よりお祈りします。
週末に引続き今日も天気悪い・・・、おまけに終日雨で散歩をする
勇気はどこにもありゃぁしない。パワーありあまりの9ヶ月児の
気をどこへ発散させてあげたらいいのやら。。。午後の早い段階で
2人でモンモンとした状態。なんだかんだやっと夕方になったぁ~!!


以前まで、一日の終りにはプシュ~っとやって、ストレス発散
していたけど(おそらく溜まってなくともプシュ~だけど。。。汗)
Cocoジュニアの妊娠発覚以来これまで約1年6ヶ月の間まったく
アルコールを飲んでいないのだ。授乳中でも授乳時間とアルコール
摂取時間をうまく計算して飲んでる人も多いと思うけど、Cocoの
思惑とCocoジュニアの欲求がうまくいかなかったら。。。と心配が
先立つもんで、母はぐっと我慢の日々。そんなCocoの目前で毎夜
プシュ~とやるCoco旦那、基本的に気の遣い方はご存知でない模様。


そんなわけで、


甘党まっしぐら~~~♪♪♪


一日の終りどころか、一日の途中から甘いもんが食べたくて仕方ないのよねぇ。


今から20年ほど前、Cocoがまだ女子大生だった頃、たいていの女子が
スイーツ大好きな年頃のとき、Cocoはあまり甘いもんが好きじゃなかった。
デザートバイキングとかケーキバフェとか、誘われてもあまり嬉しく
なかったんだけど、いつの頃からか甘いもんが好きになっていて、
30歳を過ぎてからは甘党がエスカレート! 30代最後の1年をスタート
したところですが、甘党まっしぐらで危険な徴候。。。


すっかり甘党女子(オバチャンか??)のCocoですが、これ飲みたいのよね~↓
DSCN3319.jpg















Coco旦那用に買ってきたんだけど、Cocoはチップスとソフトドリンク。
スーパードライのノンアル版(石川遼くんCM出てるやつ)はテレビCM
見た翌日に早速飲んだんやけど、↑↑はグッと我慢。ダルヴィッシュさん
見るたびにおいしそうやな~と喉を鳴らしております。


そんな私を気遣ってか・・・? 先週Coco旦那が会社帰りに和スイーツを
買ってきてくれた。季節を意識した桜入りあんみつ♪
DSCN3570.jpg





























うまかった~~~。


甘いもん、いつでもかかってこ~っい!!!
昨年9月以来のブログ更新、ご無沙汰過ぎるな・・・(汗)。
そんな恐ろしくいい加減なブログを訪問くださる皆さん、
本当にどうもありがとうございます。


先ず、うれしいお知らせから・・・


以前ブログで紹介した河瀬直美監督作品、映画『朱花の月』(はねづのつき)
が今月、イタリア・ミラノで開催のスガルディ・アルトローベ国際女性映画祭で
最優秀作品賞を受賞されました。おめでとうございますっ!!!

実は・・・諸事情でまだ映画を鑑賞できていないCoco家の2人、
DVD化されるのを首を長くして待っております。


そして、Coco家の近況報告。Cocoジュニアは今月で満8ヶ月を迎え、
9ヶ月目に突入。成長ゆっくりさんのCocoジュニア、9ヶ月目で
やっと寝返りに成功し、さらに1週間後にはコロコロしだしました。
あまりにも素早い寝返り、コロコロのため、すっかり目が離せない
状況に陥ったCoco。子育ての先輩たちから聞いていた「目が離せない
ってこういうことだったのかと実感。これで這ったり、立ったり、
歩き出したりなんかするとさらに目が離せなくなるんだろうな・・・。


体はちびっ子ですが、離乳食は母親のCocoでさえ驚くほどたくさん
食べてくれます。くいしんぼうの血は争えないのだな(笑)。


今月撮影したCocoジュニアです↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


9ヶ月目バンザーイ!!
201202265.jpg





























まだ脱走は無理かな・・・母は有効に活用するぜい。
20120302.jpg





























桜金造さんですか!
201203086.jpg

















少しなら自力で座れるようになりました。
2012030810.jpg





























常に社長さん待遇です。
20120311.jpg




























とりあえず、Coco家はみんな元気に相変わらずやっております。
ではまたそのうちにブログアップしますっ。
2012.03.22 14:50 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) |
さて、今日も我が家のリトル・ダイナソーがお利口さんでいてくれるので、
朝からCocoは家事諸々をスムーズにこなすことができやした。


あっ、まだ夜ごはんの準備全然してないけど・・・(スルーしてください)。
Coco旦那には毎度の手抜きで非常に申し訳ないけど、引き続きすんません(汗)。


っで、今日はちょっとした宣伝+お知らせをと思いまして。


昨日、9月3日(土)、映画『 朱花の月 』が公開されました!!


朱花 >> はねず(or はねづ) と読みます。


朱花の月 』公式サイトはこちら↓
http://www.hanezu.com/


奈良県出身の河瀬直美監督の作品で、奈良県飛鳥地方を舞台に撮影された映画です。


撮影場所は主に、明日香村と橿原市。っで、橿原市の撮影現場となった民家
(正式には空き家)が、Coco実家の対面にあるお宅でして。。。昨年5~6月の
撮影期間中はCoco実家のガレージが撮影機材置き場になったり、雨のシーンの
撮影で、Coco実家の水道が提供されたりしました。

主演女優と俳優さんが、Coco実家のお店によく食べにきてくれたり、さらには
その主演女優さんの大島葉子さんと仲良くなって、撮影準備のために練習で
葉子さんが染められた草木染めのストールをCoco実母がいただいたり、そして
葉子さんを自宅に招いてCoco実父母が大好きなホーム・パーティーを開いたり
「葉子ちゃん」と呼んでまるで娘のように接していました。1年経過した今でも
連絡を取り合っていて「葉子ちゃん」出演のCMなどの情報は良く聞かされます。


さて、その映画にCoco実母がほんのちょこっと出演してます。


当時、河瀬監督からエキストラ出演を要請され、最終的に編集で削除される
ことなくシーンのひとつとして映画に残ったもよう。


ご興味ある方はどうぞ映画ご鑑賞くださいm(_ _)m


昨日、公開初日に合わせて都内で行われた舞台挨拶時に、ほんの少しですが、
Coco実父母の経営するお店に食べに行ったという内容が盛り込まれていました。
ちょうど、ウェブニュースで見つけたので、以下にコピーしときます。


大島葉子、追い込まれ撮影中に5回点滴 】 
デイリースポーツ 9月3日(土)15時40分配信

  今年のカンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品された、河瀬直美監督による
映画「朱花(はねづ)の月」が3日、公開初日を迎え、主演の大島葉子(年齢非公表)、
明川哲也らが都内で初日舞台あいさつを行った。

  河瀬監督にとって4度目の同部門出品映画の主演を務め上げた大島は「撮影中は
追い込まれて5回点滴を打ちました」と苦笑い。大島と撮影の約1カ月前から作品の
舞台である奈良に一緒に移り住んだという明川は「(大島と)すし屋に行ったら
本当の夫婦と間違われました」と笑顔で振り返っていた。

Yahoo! JAPANニュースより引用:
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110903-00000037-dal-ent



「朱花の月」主演の大島葉子、過酷な撮影で「点滴5回」 】 2011年9月3日 21:46

  [映画.com ニュース] 第64回カンヌ映画祭コンペティション部門に出品された
「朱花(はねづ)の月」(河瀬直美監督)が9月3日、東京、大阪、奈良、京都の4都市
で封切られ、東京・渋谷のユーロスペースで主演の大島葉子をはじめ、明川哲也ら
出演者が初日舞台挨拶に立った。

  舞台は万葉の時代と変わらぬ姿を残す奈良県・飛鳥地方。朱花という色に魅せ
られた染色家の女性・加夜子(大島)と長年同せいする恋人の編集者・哲也(明川)、
そしてこの地に移り住んだ木工作家の拓未(こみずとうた)が織りなす三角関係を、
“自然との融合”という河瀬監督ならではの視点で描く。原案は坂東眞砂子の小説
「逢はなくもあやし」(集英社)。拓未の母親を樹木希林が演じている。

  モデルとしても活躍する大島は「とにかく大変な1カ月だった」と昨年4月に奈良で
行われた撮影を述懐。河瀬流の過酷な現場を体験し「食事がのどを通らなかったほどで、
点滴を5回受けた。大変だったが、監督が私の中にいる加夜子を待ち続けてくれた」。
それだけに「初日を迎えることができて、とてもうれしい」と感無量の面持ちだ。

  恋人を演じた明川も「彼女(大島)の消耗がすごくて、撮影が終わるのかなって
思ったほど。撮影中は役柄同様、一緒に暮らしていたが、毎晩疲れて帰ってくるので、
よく寿司屋に連れて行った」。寿司屋の主人はふたりを本当の夫婦だと勘違いしていた
といい「よく『奥さん、大丈夫ですか?』って心配された」と明かし、大島は
「監督には内緒で(笑)。なるべく孤独にいるよう言われていたので……」と
笑いを誘った。舞台挨拶には共演した山口美也子、こみずの実弟で出演もしている
小水たいがも出席した。

  同日、河瀬監督とこみずとうた、音楽を手がけたハシケンらが
奈良・TOHOシネマズ橿原、京都・ワーナー・マイカル・シネマズ高の原で
初日舞台挨拶を実施。9月23日、24日にはユーロスペースで、河瀬監督の
トークショーが行われる予定だ。

映画.comより引用
http://eiga.com/news/20110903/5/


さて、Cocoも映画館へ行きたいんやけど・・・もちろん、Coco旦那も観たいわけで・・・。
Cocoジュニアを預かってくれるところが見つかれば。。。まっ、無理ならDVDで鑑賞だな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。