3代目 Coco's 肉球

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
昨夜はやっとこさ勝利してくれ、一昨日の3位転落からまたまた2位に這い上がった
トラチーム。トラ命としては不届き者発言やけど、3位でクライマックスシリーズ
へ進出すれば東京ドームで試合あるしぃ~、ならっ応援も行けるしぃ~なんて
あきらめではなく、あくまでもポジティブ・シンキングでクライマックスシリーズ
までの残り僅かな戦いを見守り、熱く!応援しているCocoでございます。
まっ、ドラちゃんがリーグ優勝するという大前提があっての話ですが・・・。


我らが聖地から遠いところに生息してるもんやから、トラチームが週末に東京へ
やって来れば、できるだけ足を運んでまして。先月も行ってきました↓

DSCN6700.jpg















大した前評判もなく、さほど期待されていたわけでもない高卒ルーキー。
昨年のドラフト4位でトラチームの仲間入りした秋山くんがプロ初登板・初先発。
残念ながら、トラチームの投手層は只今、非常にうっす~い状況です。

プロ初登板・初先発で長距離ヒッターの多いG軍、おまけに長距離の出やすい
東京ドームという環境で、この日は負け投手になったけど、ようやったよこの子は。
この日以来、先発ローテに入っている秋山くん、ベテランに引け目のとらない
ピッチング(いや、ベテランが情けないと言えばそうかもしれんが。。。)で
ほんまようがんばってるよ。来シーズンは年棒上げたってください。

この日の敗因は秋山くんの投球内容というよりは、監督の采配ミス?!という
声が多かったんやけど、Coco家でもその意見に完全同意。真弓さんが気に入って
1982年にトラ命になったCocoなもんで、監督の悪口は言いたくないが、とにかく
今シーズンおよびプレイオフでは敏腕な監督でお願いしやすm(_ _)m


デーゲーム終了後、東京ドーム近くに生息中の親友Nちゃん夫妻と待ち合わせし、
夜ごはん。今宵は(も??)B級グルメを堪能させていただきました。

お店の外観は完全に、“きたなシュラン”な感じですかねぇ。。。↓
DSCN6707.jpg
















店内は小奇麗です。古さは否めませんが、清潔感アリ。
DSCN6708.jpg

DSCN6709.jpg















広島カープファンが経営し、カープファンの集う店ということで、店内の壁、天井に
至るまで壁面スペースはすべてカープがらみの記事や写真、サイン色紙など、その他
応援グッズで埋め尽くされています。べたなお店にありがちな店内の隅っこに置かれた
古めかしい小さなブラウン管TVでも広島戦の試合中継が放送されておりました。


先ずは、お好み焼き以外の鉄板焼き、小鉢ものを注文して生ビール片手に、4人で乾杯♪
ここ数日はすっかり気温が下がってますが、8月のこの頃は猛暑真っ只中。キンキン
に冷えた生ビールがどれほどおいしかったことか。。。


喉を潤して小腹が落ち着いたら、メインのお好み焼き↓
DSCN6710.jpg



























行列のできる人気店と聞いていたので、これはこれで十分においしかったんですが、
関西人としては(関西的に)普通のお好み焼きにもっちり中華麺をプラスした
モダン焼きという名のお好み焼きが恋しくなってしまいました。


B級グルメの夜ごはん後は、4人で神楽坂を散策。高級店、名店の軒先巡りだけして、
ドリンクだけでもOKと快く入店を許可してくれたフレンチのお店で軽く2杯ほど。
Nちゃん夫妻にすっかりごちそうになりました、ありがとう♪


さて、次回は名店でおいしいものでも??!!



<<お店情報>>

れもん屋 』 

〒102-0071 東京都千代田区富士見2-9-1
TEL: 03-3234-0070
営業時間
(平日)17:00―22:30
(土・日・祝)12:00―22:30
スポンサーサイト
一昨日の日中最高気温は23℃。爽快で半袖で過ごせる気持ちのいい気候。
その翌日、そして今日は最高気温が10℃にも満たなくって、日々これほどの
温度差があると出かけるときの服装のアレンジがまじで面倒やぁ。
今日は、Coco休日なんで、さらに部屋の片付けをせなアカンので、お出かけ
の予定はないから天気が少々悪くともあまり気にならんのですが。。。


そんな前置きとは関係のない日記の内容ですが、先週日曜日、Coco旦那が
運転免許証の更新より帰宅、2人とも無性にインド料理が食べたくなった。

前日の土曜日は、お出かけした際に通りかかったお肉屋さんでおいしいそうな
国産牛カルビ(おいしそうな・・・ではなく、実際においしゅうございました。)
に釘付けのCoco旦那。まるで小さい子供がおもちゃ屋さんの前で立ち止まったまま
動かないのと同様に、お肉のショーケースの前でじ~っと見つめておりました。
っで、Cocoが目を離している隙に、既にご購入のCoco旦那。ここがガキんちょと
大人の違いっすかねぇ。。。

土曜日の夜ごはんは久々におうち焼肉にと、毎度毎度、年がら年中、食欲の衰えを
感じることなく『馬肥ゆる秋』なCoco家でござぁます。


っで、日曜日の夜ごはんですが、


思い立ったら吉日!?


早速、Coco旦那はお得意のネットでお店検索。


日曜の夜ごはんは2人の食欲に忠実に、こちらをいただきました↓

マトン・シークカバブ
DSCN6308.jpg



























非常にハービー&ジューシーなカバブでした♪ Cocoたちが注文してからキッチン
にいるシェフが長~い鉄串に味付けしたマトン挽肉をまきつけて、さらにドラム缶の
ような調理器具(直火オーブンのようなもの)に入れているのが見えました。
マトン肉のクセがいい感じのクセ(匂いじゃなくて香りと言った方がいい)で
今回いただいたお料理の中では一番気に入った!次回来店するとしたら必ず
注文する一品やね、これは。


シーフード・マサラ
DSCN6310.jpg



























ダル・サーグ
DSCN6313.jpg



























シーフード・マサラもダル・サーグも辛さの度合い選択可(甘め1~普通3~激辛5)。
両方とも激辛5を選択。食べた瞬間はそんなに辛くは感じませんでしたが、時間の
経過と共に体がじわ~っと熱くなってくるのがわかる。Coco旦那的には、口に入れた
段階で辛すぎると味がわからなくなってしまうから、こういうじんわりくるのが
いいと言っていた。ごもっとも!同感やよ。

エスニック系や東南アジア系のお料理、日本のレストラン(アメリカでも。。。)
で辛いお料理を注文しても、Coco的にはこれ全然辛くないやんっ!ということが
多いので、辛さを選べる場合は一番辛いやつ、そして辛さを選べなくても、辛目に
お願いしますっ!と特別にリクエストしたりする。シェフがそのお国の人であれば
実際のところ口にするまでは多少ビビッてますが。。。(笑)

因みに、店内はシェフもフロアの店員も全て異国の方でした。

辛さの評価はまあまあ良かったんですが、スパイスの香りがちょい足らん感じ。
味は悪くないけど、深みがない(←グルメ気取りのわかったような口たたいて
ますが。。。汗)。点数をつけるなら、75/100点かな。厳しくてすんません。


ガーリック&チーズ・ナン
DSCN6316.jpg



























これ、かなり気に入りました♪ 生地はもっちり、中のチーズも濃厚でのびのび~ぃ。
ボリューム満点のナンです。


ところで、この日記のお題の意味ですが・・・


店内片隅にTVが設置してあって、そこで延々とヒンディー映画が流されておりました。
DSCN6319.jpg















一昔前に、日本では「踊るマハラジャ」等で有名になったインド映画。登場人物
の心象を踊りで表現するミュージカルちっくな映画、この映画ダンスがそのまんま
ムービーダンスと言われるもので、インドの地域によりその名称も異なり、
ボリウッドダンスとかコリウッドダンスとか言われております。店内暗く+
フラッシュなしで撮影したのでブレブレでなんだかようわからん画像になってます。


この映像を見ていると、自然に首が左右に揺れてきたんやけど、それってCocoだけ??


消化にいいのか悪いのかようわかりません(笑)。


急に、無性にインド料理が食べたくなった2人の気持ち+胃袋は満たされました♪


<<お店情報>>

Raja インド・ネパール料理 ラージャ 』 

〒182-0026 東京都調布市小島町1-34-1 エクレール調布1F
TEL: 042-498-6055
営業時間
(平日)ランチ/11:00―15:00 ディナー/17:00―23:00
(土・日)11:00―23:00

※カード利用不可
Coco家の4月初旬は大切にしたい日々がかたまってますねん。


4月1日 → Cocoがほんまに生まれた日
4月3日 → 入籍した日+Cocoの戸籍上の誕生日
4月5日 → Coco旦那の誕生日


っで、これら3つの大切な日々を2人で過ごすようになって以来(in USA)、
おうちごはんでお祝いすることばかりで、それも特別な料理を用意するわけじゃなく、
Coco旦那が花を買って来るとか、Coco旦那がケーキを買って来るとか、1回ぐらい
Cocoがケーキを作ったこともあったか。。。??


お祝いしたい気持ちは大きくとも、結局やってることは普段とほぼ変わらなかったわけで。


2010年はこれまでの有言不実行に値する態度をあらためようかと。


ちょうど週末のお休みで都合もいいし、真ん中やし(←1日と5日の中日)という理由で、
4月3日(土)の夜、Coco家から徒歩5分にある所のお店でディナーを楽しむことに。
当日の午前中、Cocoは用事で外出していたのでその間にCoco旦那はお店の予約係り。


Coco旦那が予約しておいてくれた“プリマヴェーラ”というコース(2人分)。


前菜↓

アンティパスト・ミスト
DSCN6271.jpg























前菜の盛り合わせ。シェフが各アイテム、丁寧に説明してくれましたが、
名称や細かい内容についてはウル覚え。。。(汗) 簡単なメモとして、

・フォアグラペーストのクロスティーニ
・エビと大麦のピカンテソース
・大山鶏のカルピオーネ
・牛トリッパの煮込み
・ホタルイカのマスタード風味
・真ダコと黒オリーブのテリーヌ
・茄子のグリルと鶏レバーパテ


第1のお皿↓

カサレッチェリガトーニ
DSCN6275-1.jpgDSCN6278-1.jpg














普通ならここで1種類のパスタなんやろうけど、このお店ではポーション小ぶりな
パスタが2種類、それぞれ順番に出されます。2種類で1人前程度の量。

・断面がS字型のショートパスタ、カサレッチェ。頂くのは今回がお初♪
 メインの具材は鮪ホホ肉とマッシュルームで、サルディニア産のからすみ
 (お皿の周りのパウダー状のん)が添えられています。あっさり、でも
 海の味しっかり出ているソース、塩加減が非常に良くて、シェフのアドバイス
 で唐辛子風味のオリーブオイルを少々垂らしていただくとさらに美味。
 パスタのもちっとした食感もよかったっす。 

・外側に溝のある空洞のショートパスタ、リガトーニ。
 クワットロフォルマジオのソース、アスパラと菜の花が具材に使われています。
 ソースが程よいゆるさに仕上げられていて、チーズの濃厚な味と菜の花の苦味
 のコンビネーション、結構ヒット♪ お皿に残ったソースもパンにつけて
 キレイにいただきました。


やっとこさ、第2のお皿↓

ラムロースト・赤ワインソース
DSCN6281.jpg



























こちらは、Coco旦那が電話で予約時にラム好きのCocoのために特別にオーダー
しておいてくれた一品。低温でじっくり時間をかけて丁寧にローストされた
仔羊肩ロース肉、大満足の一皿でした♪ シェフ曰く、シェフ自身がニオイの
きついラム肉が苦手らしく、臭みが少い北海道美深産のラム肉を仕入れている
とのこと。牛肉にほど近い風味でした。温かいローストビーフの塊りっぽい?!


仏産鴨フィレ肉ロースト・バルサミコ&マデラ酒ソース
DSCN6284.jpg



























Coco旦那がメインに選んだ一皿。外カリっ、中は程よい弾力のある焼き加減。
噛めば噛むほど味の出るカモでした♪ あっさり目の甘酸っぱい(甘さはほのか
で前面には出てません)ソースが塩胡椒の利いたお肉に合います。このソース
は初めてのお味ですが、CocoもCoco旦那も非常に気に入った次第。


チーズの盛り合わせかデザートかの選択で、2人ともドルチェを↓

デザート2品盛り合わせ
DSCN6287.jpg

DSCN6289.jpg



























本日のドルチェの中からそれぞれ2品ずつ選択。上から、

・多摩産地卵のカタラーナ (クレームブリュレ・アイスの溶けかけっぽい←貧困な表現・・・)
 非常に濃厚でまいうぅ~。
・ガトークラシックショコラ・カフェラテのジェラート添え
 普通においしい♪
・ピエモンテ風ボネ (エスプレッソとココア風味の固めなプリン)
 中には荒く刻んだアマレッティ、ナッツ、ドライフルーツが入っています。
 非常に大人な味のデザート。このお初の味に惚れてしまった2人。。。
・栃木産イチゴのビアンコ・マンジャーレ (イタリア版ゆるやかババロア)
 ラム酒のきいた、見た目のかわいらしさ以上に大人な味のデザート。
 もちろん、おいしゅうございました。


エスプレッソ
イタリア・ラヴァッツァ社の豆が使われていました。


今回注文したコース料理とは関係ないけど、この日のおすすめアラカルトメニュー↓
DSCN6290.jpg



























こじんまりとした店内、シェフと奥様の二人で切り盛りされている非常に
アットホームなイタリアンのお店です。高級店の洗練された雰囲気はないけど、
前菜からデザートまですべてが一品、一品、丁寧に調理されているのが
わかります。怪しい雑居ビルの3階に位置するこのお店、(因みに、1階は怪しい
タイ人ラウンジなど、2階はカラオケの音がガンガン漏れてる居酒屋兼スナック
のようなお店など、そして3階がこのイタリアン)非常に目立たない存在で、
ある意味、隠れ家的な店舗。


なんちゃって~じゃなくて、この立地の割りにまともなもんがサーブされます♪


シェフは研修目的で定期的に渡伊され、非常に研究熱心なお方です。(もちろん、
渡伊期間はお店は休業) どんな料理でも、伝統ある定番の味あり、そして時代
とともに色々創意工夫された新しい味も出てくるもんね。


おいしいごはんに至福のアニバーサリーとなりました、感謝です。


おっ、それとお誕生日に合わせてメッセージを下さった皆様、ありがとうございました♪



<<お店情報>>

FLORA フローラ 』 

〒183-0034 東京都府中市住吉町2-17-2 中河原ビル3F
TEL: 042-364-4228
営業時間 ランチ/11:30―14:40 ディナー/17:30―22:30 (月曜定休)
http://r.gnavi.co.jp/a234600/
シェフブログ: http://ameblo.jp/flora3f/
まだまだ常連とは言いがたいが、月に2~3回のペースで通っている近所の
中華料理屋、いや、中国料理屋さん。


おうちごはんや外食と、“ 食 ”のネタがほとんどのCocoの日記。


でも、この中国料理屋さんはメインのネタにあがったことがなかったな。。。


特別意味はなかったりするけど、CocoとCoco旦那がお互い仕事で遅くなって、
会社帰りにその中国料理屋さんで待ち合わせしたり、休日のお昼、お家で
だらだらするも料理するのは面倒やとか、大した材料の在庫がないとか、
そんな時にぶらっと出かける先がこの中国料理屋さんやったり。


っと、完全な普段づかい。


先週末もご他聞に漏れず、朝からNHLの試合観戦やって(今、ATL Thrashersは
プレイオフ出場当落ラインのちょうどアカン側に位置してて、シーズン終了
まで非常に目の離せない状態なんですわぁ。)、だら~っと朝ごはんを食べて
そうこうしてるうちにお昼になって、でも大した食材残ってへんしぃ。。。


っで、行ってきました。


そんな我が家の食堂的存在の中国料理屋さんをちょいと話題に。


2回の来店で1度の割合でCocoが注文するのがこちら↓

炒麺
DSCN6262.jpg



























具材の肉類が豚肉になっているか、牛肉になっているか、または魚介系になっている
かの違いはあれど、全てはごま油とオイスターソースのきいた焼きそば。

Cocoのことなので、外で食べて気に入った味はすぐにおうちで再現してみよう!
なんやけど、だいたいはこんな感じ?となんちゃって~な味になんとなく収まり、
それなりに満足する。でも、この焼きそばは真似するのが非常に簡単そうなわりには、
どうしても同じような味にならんのです。Cocoが中国時代に食べた広東式の炒麺、
Coco旦那がアメリカ時代に大好きやった近所のチャイニーズテイクアウトの
ローメインの味に非常によく似てる。そんな理由で、注文頻度の非常に高い一品。



こちらはCoco旦那がこの日注文したもの↓

茄子と海老の甘味噌炒
DSCN6264.jpg



























Coco旦那は、毎回必ずと言っていいほどに前回とは違うもんを注文する。
まっ、先ほどの炒麺同様にすべての料理は2人でつつき合って食べるから、
Cocoとしても色んな味を試すことができるからそれはそれで非常に嬉しい。

この甘味噌炒、マレーシアで料理でよく使われているエビソースの味!?


“ 茄子の味噌炒め = 豚肉 ”


って思ってたけど、エビ+エビ風味も悪くない。ある意味新鮮な味やった。



とにかく、この中国料理屋さんは、値段も非常にリーズナブルで味も外れなし。
だからこそ、我が家の食堂的存在になっている。


ホールを1人で仕切っている北京出身だという綺麗な普通語を話すお姉さんも、
Cocoたちの顔を覚えてきた様子。厨房にいる非常にアクセントのキツイ北京語
を話すシェフたちにも顔を覚えられる日もそう遠くはないかも。。。


今後もちょくちょく利用すると思うけど、料理だけたま~に日記で紹介します。



<<お店情報>>

北京家庭菜 』 

〒183-0034 東京都府中市住吉町5-7-13
TEL: 042-336-6225
営業時間 11:30-23:00 (不定休)

※カード利用不可
3連休初日の土曜日(一昨日)、野暮用で渋谷へお出かけ。その前に新宿で用が
あったのでちょいと立ち寄り。Cocoは通勤の際、新宿で乗り換えるのでほぼ
毎日新宿へは行ってるけど(っつうか、通過していると言うべきやね。。。汗)、
自宅から職場まで片道10分バイク通勤のCoco旦那にとっては久々の都心。


2人とも人酔いしやすく、都心では頻繁に見かける長蛇の人の列をあっけに
とられて見てしまうタイプです。電車に乗るとき等は仕方なく列に並ぶけど、
おいしいものを求めて長蛇の列に並ぶ根性は全くありません。5分、10分なら
まだ並べる自信はあるけど、それ以上とわかった時点で本来はめっちゃ食べた
かった、欲しかったもんでもその気持ちが小さくなってついついその場を
立ち去ってしまいます。まっ、ただ単に、そこまでの欲求しかなかったんや
と言えるかもしれません(汗)。


っで、この日、別に新宿で列に並んだわけでもないんですが、渋谷も同様に
新宿は平日、週末、祝祭日、いずれに関係なくどこもかしこも人、人、人。
人で溢れかえっております。新宿でたった30分いただけで人に疲れた2人、
早い時間にお昼ごはんを自宅で摂っていたせいもあって、目的地の渋谷に
たどり着く以前に非常にお腹が空いた次第。


本当は渋谷で用事を済ませてからおやつか軽食を食べようと考えていた。
でも、異常なお腹の減り具合で、その時点でいたのは新宿高島屋に隣接する
東急ハンズ。なんとなし、高島屋の上階にあるレストラン街に興味を示す2人。
レストラン街で目に留まったお店の前でメニューを見て、そして顔を見合わせて
互いに一言。


がっつり食べてもええけど・・・ 』


そんなわけでおやつでも軽食でもなく、そしてまだ本来の用事も済ませ
ないまま新宿でごはんを食べることに。


久々にタイ料理♪


パッタイ ~ผัดไทย หรือ ผัดไทย~ *
DSCN6224.jpg



























タイの甘酸っぱい焼きそば。ポーションも体裁もお上品で、現地のベタさは
ありませんが味はなかなかいけます。ライムでなくてレモンなのが日本っぽい
けど、生のもやしやニラ、クラッシュしたピーナッツを混ぜ入れ、酢や
ナンプラー、ドライチリ、砂糖の調味料も別添えで加減できるので、自分好み
のパッタイに仕上げられます。

お客さんが卓上で調味料を添加するのはシェフを冒涜しているみたい?かも
しれませんが、基本となるシェフの味は万人に受け入れられるようバランスよく
調理されてました=おいしかったですよ。そこから先の一歩は万人の好みなので
それはそれで仕方ないことなのかと、アジアではよくあるパターンです。


ゲーンキャオワーン・ガイ ~แกงเขียวหวานไก่~ *
DSCN6226.jpg



























タイ料理と言えば・・・ってな存在の一品。チキンのグリーンカレーです。
仕上がりはエクストラスパイシーでと注文したら、フレッシュ・チリの
刻まれたものが山盛り潜んでおりました。スパイシーでうまい~♪
Coco旦那は額と目の下にたっぷりの汗をかいて食してました。


こちらのお店、ランチ営業中は麺類やご飯系についてはアラカルトなしで
全てセットメニューで注文することになります。

メインのお料理にそれぞれスープとデザート付き。

これはデザートのタピオカ・ココナッツミルク↓
DSCN6229.jpg























本来は2人ともパッタイ、グリーンカレーそれぞれ単品注文したかった。
そういうパターンはこの店舗ではないので仕方なくセットで注文したんやけど、
結果的にこのデザートが付いていて大正解!!

口の中がかなりヒーヒー状態だったので、ココナッツミルクがやさしく
鎮火してくれたわけ♪辛いもんは大好きやけど、それなりに辛さに弱く、
とりあえず落ち着かせる何かが必要やったんです(笑)。


実は、デパートの階上にあるタイ料理店、ベタさは一切なく、どちらかと
言えばおっされ~なアジアンカフェな雰囲気で、値段が高く、でも味は
なんちゃってアジアンっぽい?な程度で、まあまあやろなぁとちょっと
上から目線で入店したんです。でもね、満足のできるお味やったんですわぁ。


そういうわけで、『 ある意味期待外れのタイ料理
大変失礼いたしやした。


いい気分になってお店を後にし、そのまま渋谷へ行けばいいのに同じフロアに
あったドナテロウズのトラップにまんまとひっかかった↓

DSCN6230.jpg



























チョイスはCocoへ全権委任され、ミックスベリー、黒ゴマ、バニラの3種類を。
黒ゴマ、結構ヒット!Cocoとしては3種類の中で一番気に入りました。



<<お店情報>>

タイ料理屋さん↓

BLUE LOTUS ブルーロータス 』 

〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2 タカシマヤタイムズスクエア 12F
TEL: 03-5361-1851
営業時間 11:00-23:00 (不定休:高島屋に準ずる)
http://r.gnavi.co.jp/g203833/


ジェラート屋さん↓

Donatello's ドナテロウズ 』@新宿高島屋店

〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2 タカシマヤタイムズスクエア12F
TEL: 03-5361-1855
営業時間 11:00-23:00 (不定休:高島屋に準ずる)
http://www.donatellos.co.jp/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。