3代目 Coco's 肉球

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
東京に来て思うこと。やたらにラーメン屋さんが多い。そして、やたらに
焼き鳥屋さんが多い!以前、東府中でふらっと入った焼き鳥屋さん(ブログに
書くのは忘れてましたが。。。汗)、そこで食べた“ ぼんじり ”、実は初ぼんじり
やったんですが、非常に気に入った部位。


今回のCoco旦那セレクション、B級グルメ・焼き鳥屋さんはこちら↓
DSCN5938.jpg



























見た目が非常にB級っしょ??

店先の炭火焼コーナーは主に持ち帰り用の焼き鳥が焼かれているもよう。


店の2階席(1階はテーブル+イス、2階はお座敷)へ案内されたCocoたち。
DSCN5932.jpg



























階下からの焼き鳥を焼く煙、さらに愛煙家さんたちの煙が入り混じりとにかく
空気は曇ってます。長居はちょい厳しい環境。田舎のでっかいお家に来た感じ。
非常にレトロです。


飲み物だけ、先に店員さんに口頭で注文。


飲み物がサーブされるまでの間にテーブルに置かれてある用紙に食べたいものを記入↓
DSCN5927.jpg




























食べたかった“ 軟骨 ”は売り切れ、“ ぼんじり ”はもともとメニューになかった(涙)。


なにせ、焼き鳥はどれでも1本80円! 


ぼんじりって他の部位に比較し値段高め設定のお店多いし、1本80円を貫く為には、
ぼんじりをメニューにするのは無理なんちゃう??とCoco旦那に慰められた。


っで、注文はCoco旦那におまかせして、タレ9本、塩2本の焼き鳥↓
DSCN5934.jpg



























名前を聞いても、それが一体どの部位になるのかようわかりません。
とりあえず食べてみるのみ!中華コック特製と書かれていた焼売と餃子、
これは絶対注文するべき。ちょうど横のテーブルに座っていた北京語を
お話になられていたお客さんが両方食べて、『 これ、おいしい!』と
褒めてた。味はCoco中国在住時代に食べたものに非常に似てました。


『 先ずは、生!(=生ビール) 』 と注文した2人ですが、Coco旦那情報に
よると、ここのお店は珍しくサッポロのラガーを提供していると。


では、それも頼んどかんとあきませんやろ?

こちら↓
DSCN5935.jpg



























飲んだ感想:これはこれで悪くない。


食後、階段を下りようと店舗1階を望んだ光景↓
DSCN5936.jpg



























ほんま、ベタな感じっしょ?


2人で軽く飲んで、けっこうお腹いっぱいになって、それでいてお会計は3,000円強!


次回行くときはコートやジャケットがすっぽり入るゴミ袋を持参しようかと。。。



<<お店情報>>

いせや総本店@公園店 』 

〒180-0003 東京都武蔵野市吉祥寺南町1-15-8
TEL: 0422-43-2806
営業時間 12:00~22:00 (月曜定休)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。