3代目 Coco's 肉球

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
最近のCocoにしては、時間差のないネタ(あっ、すでに1週間経ってますけど、
Cocoにとっては全く問題なし!)を。


先週土曜日、小雨、いや小みぞれ降る中、Cocoにとっては初の埼玉県へ。


目的の場所は埼玉県所沢市の行政機関を集中させて開発したエリア内にあります。

目的地周辺は“所沢航空記念公園”と言って、発祥記念館や広大な公園が
広がっています。最寄駅降りてすぐのロータリー横にも懐かしいYS機(国産初の
飛行機)がディスプレイされていたり、公園内にもこんな感じで陳列されてます↓
DSCN6155.jpg















小みぞれ降る寒空がかなり残念やけど、公園は超広々していて晴れた暖かい日は
気持ちええやろねぇというのが感想。とりあえず、大したもんはなさそうやけど、
おてんとさまの下でお弁当食べて、なんならバドミントンとかやってもええんちゃう?


そして、今回のお出かけの主旨ですが、Coco会社のパートさん仲間が所属する
オーケストラの演奏会。


仕事は全く別の人についてやっているので絡みが一切ないねんけど、ランチタイムの
おしゃべり仲間。娘っ子ちゃんが1人いるとはどこからどう見ても見えないかわいい方。

大学時代から吹奏楽でクラリネットを始められ、環境が変化しても今でもずっと
変わらず演奏を続けられているその持続性に先ずは拍手!そして実際の演奏も
素晴らしく、本当にいい時間を過ごさせていただきました。Coco旦那はα波が
出まくりやったと大喜びでした。

結構前方の席に着席させてもらったんで、演奏中の撮影は遠慮し、とても素敵な
ホールなので一応雰囲気だけでもと、前半と後半の休憩中に舞台のお写真を↓
DSCN6154.jpg















ほんとうに素敵なホールに驚きました。


今回の演目は全て“ 和 ”の曲。昨年他界された作曲家さんのメモリアル演奏会
の意味を持つ、アミューズウィンドオーケストラ第14回定期演奏会でした。


洋楽器をメインとして和曲の演奏、そしてパーカッション系は和太鼓やドラも入って
たまに、ピ~ヒャララというザ・日本の祭りな音も出てきて、お祭り大好きなCocoは
座席からおしりが軽く浮き上がる気分でした。全体的に新しい感覚の響きで、
クラシック演奏会とは違う躍動感を楽しみました。


招待してくれたパート仲間さんに感謝です、ありがとう♪



Amuse Wind Orchestra 第14回定期演奏会

@埼玉県所沢市民文化会館MUSEアークホール

<<プログラム>>

(前半)
1. 吹奏楽のための「もぐら追い」
2. 行進曲「信濃路」
3. 行進曲「ふたば」
4. 吹奏楽のための「越後獅子」
5. イングリッシュホルンとウィンドオーケストラのための音楽
  Ⅰ. 田植え唄
  Ⅱ. 花祭り
6. 吹奏楽のための「琴瑟」

(後半)
7. 吹奏楽のための「太神楽」
8. 吹奏楽のための組曲「能面」
  Ⅰ. 頼政
  Ⅱ. 増女
  Ⅲ. 大癋見
9. 吹奏楽のための「木挽歌」
  Ⅰ. テーマ
  Ⅱ. 盆踊り
  Ⅲ. 朝のうた
  Ⅳ. フィナーレ

全曲、小山清茂作曲
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。