3代目 Coco's 肉球

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
さて、今日も我が家のリトル・ダイナソーがお利口さんでいてくれるので、
朝からCocoは家事諸々をスムーズにこなすことができやした。


あっ、まだ夜ごはんの準備全然してないけど・・・(スルーしてください)。
Coco旦那には毎度の手抜きで非常に申し訳ないけど、引き続きすんません(汗)。


っで、今日はちょっとした宣伝+お知らせをと思いまして。


昨日、9月3日(土)、映画『 朱花の月 』が公開されました!!


朱花 >> はねず(or はねづ) と読みます。


朱花の月 』公式サイトはこちら↓
http://www.hanezu.com/


奈良県出身の河瀬直美監督の作品で、奈良県飛鳥地方を舞台に撮影された映画です。


撮影場所は主に、明日香村と橿原市。っで、橿原市の撮影現場となった民家
(正式には空き家)が、Coco実家の対面にあるお宅でして。。。昨年5~6月の
撮影期間中はCoco実家のガレージが撮影機材置き場になったり、雨のシーンの
撮影で、Coco実家の水道が提供されたりしました。

主演女優と俳優さんが、Coco実家のお店によく食べにきてくれたり、さらには
その主演女優さんの大島葉子さんと仲良くなって、撮影準備のために練習で
葉子さんが染められた草木染めのストールをCoco実母がいただいたり、そして
葉子さんを自宅に招いてCoco実父母が大好きなホーム・パーティーを開いたり
「葉子ちゃん」と呼んでまるで娘のように接していました。1年経過した今でも
連絡を取り合っていて「葉子ちゃん」出演のCMなどの情報は良く聞かされます。


さて、その映画にCoco実母がほんのちょこっと出演してます。


当時、河瀬監督からエキストラ出演を要請され、最終的に編集で削除される
ことなくシーンのひとつとして映画に残ったもよう。


ご興味ある方はどうぞ映画ご鑑賞くださいm(_ _)m


昨日、公開初日に合わせて都内で行われた舞台挨拶時に、ほんの少しですが、
Coco実父母の経営するお店に食べに行ったという内容が盛り込まれていました。
ちょうど、ウェブニュースで見つけたので、以下にコピーしときます。


大島葉子、追い込まれ撮影中に5回点滴 】 
デイリースポーツ 9月3日(土)15時40分配信

  今年のカンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品された、河瀬直美監督による
映画「朱花(はねづ)の月」が3日、公開初日を迎え、主演の大島葉子(年齢非公表)、
明川哲也らが都内で初日舞台あいさつを行った。

  河瀬監督にとって4度目の同部門出品映画の主演を務め上げた大島は「撮影中は
追い込まれて5回点滴を打ちました」と苦笑い。大島と撮影の約1カ月前から作品の
舞台である奈良に一緒に移り住んだという明川は「(大島と)すし屋に行ったら
本当の夫婦と間違われました」と笑顔で振り返っていた。

Yahoo! JAPANニュースより引用:
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110903-00000037-dal-ent



「朱花の月」主演の大島葉子、過酷な撮影で「点滴5回」 】 2011年9月3日 21:46

  [映画.com ニュース] 第64回カンヌ映画祭コンペティション部門に出品された
「朱花(はねづ)の月」(河瀬直美監督)が9月3日、東京、大阪、奈良、京都の4都市
で封切られ、東京・渋谷のユーロスペースで主演の大島葉子をはじめ、明川哲也ら
出演者が初日舞台挨拶に立った。

  舞台は万葉の時代と変わらぬ姿を残す奈良県・飛鳥地方。朱花という色に魅せ
られた染色家の女性・加夜子(大島)と長年同せいする恋人の編集者・哲也(明川)、
そしてこの地に移り住んだ木工作家の拓未(こみずとうた)が織りなす三角関係を、
“自然との融合”という河瀬監督ならではの視点で描く。原案は坂東眞砂子の小説
「逢はなくもあやし」(集英社)。拓未の母親を樹木希林が演じている。

  モデルとしても活躍する大島は「とにかく大変な1カ月だった」と昨年4月に奈良で
行われた撮影を述懐。河瀬流の過酷な現場を体験し「食事がのどを通らなかったほどで、
点滴を5回受けた。大変だったが、監督が私の中にいる加夜子を待ち続けてくれた」。
それだけに「初日を迎えることができて、とてもうれしい」と感無量の面持ちだ。

  恋人を演じた明川も「彼女(大島)の消耗がすごくて、撮影が終わるのかなって
思ったほど。撮影中は役柄同様、一緒に暮らしていたが、毎晩疲れて帰ってくるので、
よく寿司屋に連れて行った」。寿司屋の主人はふたりを本当の夫婦だと勘違いしていた
といい「よく『奥さん、大丈夫ですか?』って心配された」と明かし、大島は
「監督には内緒で(笑)。なるべく孤独にいるよう言われていたので……」と
笑いを誘った。舞台挨拶には共演した山口美也子、こみずの実弟で出演もしている
小水たいがも出席した。

  同日、河瀬監督とこみずとうた、音楽を手がけたハシケンらが
奈良・TOHOシネマズ橿原、京都・ワーナー・マイカル・シネマズ高の原で
初日舞台挨拶を実施。9月23日、24日にはユーロスペースで、河瀬監督の
トークショーが行われる予定だ。

映画.comより引用
http://eiga.com/news/20110903/5/


さて、Cocoも映画館へ行きたいんやけど・・・もちろん、Coco旦那も観たいわけで・・・。
Cocoジュニアを預かってくれるところが見つかれば。。。まっ、無理ならDVDで鑑賞だな。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。